クゥとこてつとHAPPYパグ生活。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日で9月が終わりますね~
今年もあと、3ヶ月(毎年言ってるけど、はやっ





ブログに書いていなかったと思うんですが。 (確認しろよ。笑)


8月に、5つめのクゥの肥満細胞腫が出現したんです。
薬をちょっと飲ませてましたが、まぁ大きくもならず小さくもならず。



・・で先週、6つめが出現してしまったんです。


~肥満細胞腫、整理図~


20100930-3-1.jpg



去年の12月に、4つめの肥満細胞腫が皮膚の内部にできたんですが。
コレは、薬でかなりコントロールができています。


が!!


今、合計3つ肥満細胞腫持ちっ子に。
5つめが出現した時もかなり悩みましたが、そのとき焦って手術しなくてよかったな。

※ちなみに、転移や再発ではありません。
多発性の肥満細胞腫は、こんな風にボコボコできてきます。




かなりしっかり時間をかけて、いつも以上に(笑)しつこく先生とも話し合ったのですが
皮膚の内部にできている4つめがネック。



クゥの場合、この4つめは限局しきれていないのです。
皮膚の上ではなく下にあり、しかもリンパのすぐ横なうえに広範囲で切除するにも限りある場所。

マージンを、できるだけしっかり取っても、皮膚の上の肥満細胞腫よりも
さらに、広くガンが浸潤しているかもしれないという可能性もアリ。




そんなわけで、4つめは薬でコントロールしてきたわけなんです。






もちろん、手術しながら取り残しがないよう、慎重に検査しながら手術されるそうですが。

取りきれたと判断しても、まだガン細胞が残ってたりして
より顔つきの悪いガンとして再発という例が少なくないようです。


クゥの場合、薬でかなり抑えられる(小さくなってほぼわからなくなる)のは実証済みなので
下手に、いちかばちかで賭けのように手術をして、いじくったがために
命にかかわるような再発というパターンが一番避けなければいけない。。


20100930-4-1.jpg

ただ、いつボコボコ新たな肥満細胞腫が出てもおかしくないわけで
手術のタイミングというのが、非常に難しいんですよ~


肥満細胞腫ができるたびに切除してたら
多発性のコは、1年に何回も手術を繰り返すことになっちゃう。。

体の負担を考えたらクゥの場合、出たらすぐ切ればいってもんじゃない。


前回の手術(3つ切除)は、そのタイミングがちょうどよかったんです。(結果論です)

でも、それは先生にも私にも誰にもわからないんですよねぇ。








色々と考えた結果、4つめは薬でコントロールできるなら手術せず
今まで通りクゥの体の中でおとなしくしてもらっておこうと。



5つめ
6つめに関しては、薬で抑えながら、様子を確認しながら
いつかのタイミングで、手術を考えようかな・・・と思ってます。


20100930-1-1.jpg


とは言っても、肥満細胞腫って悪性の腫瘍なんだけども。。

いろんなとこ(皮膚の上)に肥満細胞腫が何個と出来ていても、何も変わらず元気なコとか・・・
薬でコントロールしながら、共生しているコとか・・・



パグの場合は・・って先生がおっしゃるくらい
他の犬種の肥満細胞腫とは、様子が異なるんですよ。
(ただし、内臓にできた場合はそうはいきません)

ちなみに、治療の方法や薬の効果も、パグの中でもそのコそのコで違うそうだ。






まぁ、そんなわけで、クゥ本人は肥満細胞腫が3つあろうとなかろうと
幸いなことに、なぁんにも変わらないわけです。

毎日、ガツガツ食べることばっかり考えて(笑)ガツガツ食べ
大胆にヘソ天して、爆睡し

20100930-5-1.jpg

寒いのが苦手なクゥは、今の時期はゴキゲンでローング散歩に行くという
元気ハツラツな毎日を過ごしているんですよ。

足の調子だって、ほぼヨロシイ。




なので、あーだこーだ自分で書いておいて、なんなんですけども。笑
文章多くってスミマセン。。

そして、どうかご心配されませんように~~



聞かれてませんが(笑)私も元気なんで、だいじょうぶです。

20100931-2-1.jpg


父の手術があるので、お返事が遅くなってしまうかもしれないので
コメント欄は閉じさせていただきまーす。

それでは、ごきげんよう。




スポンサーサイト
2010.09.30 / Top↑



クゥは幸いなことに、日に日に足取りもしっかりしてきました。

足をちょびっとかばいながらも、一生懸命歩いていますヨ。






おなじみのヘソ天でも寝ています。

010.jpg

残念ながらヘソ天の時さえも、こてつの枕にされています。


クゥ、ヘソ天なんて足が痛くないのかな?って思うんだけど・・・
なんかの雑誌だったかな?ヘソ天で寝てるって元気な証拠って!ホントかしら~?


どっか痛いとか、不快感があったりすると
ヘソ天では寝ないらしいんですよ。

思い出してみると、足が痛い時や手術後はヘソ天で寝てなかったと思う。



011.jpg

手でこてつを支えて、顔が落ちないよう安定させてあげる優しいクゥ。(偶然です)

あったかくなってきたのもよいんでしょうね。





『まだ7歳なのに歩いたり走ったりできなくなっちゃうんだろうか?』とか
思ったりもしたんだけど・・

026.jpg


でも、本犬はびっこひきながらも自分で歩きたがるんですよ。
見てる私は痛々しくてしょうがないし、先生も痛いはず。って言ってるのに。
なので、歩行補助の介護用品とか調べたりしてたんだけど。。









ちなみに昔、先生に言われたのはいわゆるパグ座りではなく
こうやって座るコは股関節が弱いそう。


031-1.jpg


階段やソファなどの昇り降りは、できるだけさせない。
フローリングなどのツルツル床には要注意


035-1.jpg


もちろん、肥満も厳禁で。
クゥの場合、マックス9キロ前半と言われています。
(現在8、7キロ。でも、痩せる分にはいいから落としていいよ。と言われている。)


023.jpg




GWですね。ケガや事故には気をつけて皆さま満喫してくださいね~
連休いいなぁ~。。(ボソッ)




2010.04.29 / Top↑



毎日の習慣、皮膚チェックしていたところ
皮膚の表面ではなく皮膚の内側にBB弾くらいのしこりを見つけました。
なんだか、とーってもイヤな感じ。。

赤い丸の、リンパ腺のすぐ横です。
20091215-4.jpg


皮膚の内側にできているため、見ても触ってもわからないのですが
クゥはアレルギーで、足の後ろ側の毛が抜けて生えてこず、
はげちょびんなため、発見できた感じ!笑



アレルギーと肥満細胞腫は関わりがあるわけなのですが

今回は『はげちょびんお手柄!!』です。

検査に行ってきたところ、残念ながら肥満細胞腫でした。




今年の3月に、多発性の肥満細胞腫(ガン)で3つの切除手術を受けて9ヶ月。
黄色の丸は、その時の手術で切除した場所です。

20091215-6.jpg
この3つはきちんと切除されていたので、また新たに出てきたということになります。






先生も私たちも『このままいけるかなー』と希望を持っていただけに残念です。
そして、今回のは出来た場所がよろしくない。(泣)

20091215-3.jpg
うーん。。。やってきたことは実を結ばなかったぁ涙っ
クゥまた頑張らなきゃいけなくなちゃったね。





先生いわく、背中側よりもお腹側はポツの周りに広く肥満細胞が広がっていることが多く
手術もマージンをかなりしっかり取らないと、再発を招いてしまう可能性があるとのこと。

20091215-1.jpg

ただ今回は場所が場所だけに、広くマージンを取るのが難しいのもあって
現時点では、すぐに切除の手術ではなく、まずは薬で周囲の肥満細胞の広がりを抑え
経過を見ながら、抗がん剤や外科手術を。という流れの予定です。





実は、皮膚の表面にも2つ。
疑わしいポツがあり、先月末に検査していますがコレはグレー判断です。
検査しても、ちっさすぎて細胞がしっかり取れない。
こっちも要経過観察なのですが。。。アップロードファイル

20091215-7-1.jpg

一時的なもので、今回薬を飲んだらなくなっちゃってほしいんですけどねぇ。





7歳になってから、1年に2回は健康診断をと思っていて
12月中に受けようと思っていたので、ついでに血液とレントゲン検査もしてきました~

ガンなのに健康診断って?笑
でも、他の事も心配だし予定通り行いました。

コチラは問題なしっ!ピース






ホント、パグの肥満細胞腫ってやっかいなんですけど不思議なもので。
相変わらず、元気や食欲も変わらないし
ガンでもいつもと変わらない生活を送っています。

20091215-2.jpg


だからこそ、飼い主が見つけてやらないと発見できないってことなんです。
パピーでも発症例のあるガンです。
皆さんもたまーに、毛を掻き分けて目で見て、指で触ってチェックしてほしいと思います。


20091215-5.jpg


今年、クゥはたっくさん頑張ってるから
私はもう『頑張って』の声がどうしてもかけられません。
こてつに代わりに言わせちゃったわ~笑




2009.12.15 / Top↑
今月は、ずいぶんとブログもさぼりましたが。爆
病院にも大変お世話になりました。


いい加減、ペット保険入るべきかしら?と思ったりします。
それを6年言い続けてる気がする。笑
皆さんのところは加入されてますか~?






~クゥのこと~

20090628-3.jpg


1週目・・・定期通院+もろもろ
2週目・・・気になる事があり、大袈裟に騒ぎエコー検査。
3週目・・・カイカイ後、すごいことになり念のためカリカリっと削って検査。


わお!いやーな全週皆勤賞?なんて思ってたら
4週目は嬉しいことに、だいじょうぶでした。

でも、どれも心配ご無用です。。。


20090628-1.jpg




この時期は、クゥの皮膚の状態が悪いんですよねー
今回は なめなめ できない場所なので足で力任せにガリガリしてしまうんですよ。
掻きだしたら起きて・・・なので寝不足な毎日が続いております。ねこ



20090628-4.jpg



クゥは、アレルギーな上に皮フも薄くて弱いので
激しくガリガリするとこんな風になってしまってキ・ケ・ンなんです。注意マーク(白-薄い背景用) †SbWebs†
普通に足でガリガリしただけじゃ、こんな風にならないですもんネ。。


今回は、お薬にも頼りながら
2日に1回薬用シャンプーをしています。
ずいぶんよくなりましたよ~グー!







手作りご飯に変えてから
相変わらずお腹側ははげちょびんだけれど・・・・



顔周りなんかは、実はこんなに毛があったのねーってくらい
しっかりびっちり毛が生えてきて。
カイカイもぐぐぐーんと少なくなってきて。。


20090628-6.jpg


めっきり調子いいじゃーん!なーんて思ってたんだけど。









皮フの弱い子は、お腹側にトラブルが多く出るらしいんですね。
クゥも例外でなく、上から見るといいですけどおへそから下は つんつるてん 。


20090628-5.jpg



肥満細胞腫の手術部分は、ようやくもっさもっさ生えてきましたが。
去勢・避妊手術をしたお腹部分は、全く毛が生えてこないんですよねー
※○で囲ってある3ヶ所が、肥満細胞腫の手術部分です。


20090628-2.jpg
ねっ?すごい生えてきたでしょ?
おかげで、散歩中にすれ違う人や会う人に ギョッじー とされることがなくなりましたよ。笑




まぁ。。見た目は、どうでもいいんですけどね。
初秋の頃になると、お腹冷えたり、風邪ひいたりしちゃうから。豚インフルエンザ
それまでにボーボーになってくれるといいんだけれど。






2009.06.28 / Top↑
こてつに応援のコメントいつもたくさんありがとうございます♪

お陰さまで、今のところ順調に治療を続けています。
まだまだ問題もあり、長期の治療になりますが見守ってやってください。



今日は、クゥのことについて書こうと思います。


クゥの『肥満細胞腫』の手術から、1ヶ月以上経過しました。
20090418-2.jpg
毛はまだまだ、はげちょびんですが。
嬉しいことに、元気ハツラツの毎日を送っていますよ。ルンルン



こてつが、入院中のこと。
皆さんにとっては、なにも珍しくも面白くもないと思いますが
クゥは、3歳半くらいで(現在6歳半です)おもちゃで遊ばなくなったんですよ。


それがね。


なんか、遊びたそうにしたから誘ってみたら。。



なんせ、3年ぶり。
おもちゃ、ぶんぶん振りまわすなんて~
なんだか、感動でねぇ。。泣く(完全に自己満。)






まだあるんですよ。
ただね、寝室暗い上にガングロで見にくいんですけども。

※クゥの声がデカイので音量にご注意ください※



これもね。1年ぶりくらいかしら?
こうやって、ベッドメイキングしたばかりのベッドの上で遊ぶのが好き楽しい



まだありますよ。(しつこい?)
なぜか、お風呂場からせっけんを嬉しそうに持ってきます。
全く意味がわかりません。笑
でもでも、いたずらなんて、4年ぶりくらい???




普段は、自由奔放なこてつに振り回されることもしばしばですが。
やっぱり、こてつがいないと、物足りなかったのかしらネ。笑
20090418-4.jpg




そんな元気ハツラツになってくれたクゥですが。
『肥満細胞腫』と診断されたのは、2月のことでした。
このことは、気持ちの整理をつけたら書こうと思っていたことです。


実は、去年の10月末に1つめの ポツっ を見つけて今とは違う病院に診せてたんですね。
その後、2回の診察で『大きさも変わってないし(機械で計測してました)
元気・食欲もあって体重も減ってないし脂肪腫(良性の腫瘍)ですね』だったんです。


そう。確かに元気・食欲もあったし、体重も減ってなかった・・・


2つめの ポツっを見つけた時 ヤバイ と思い。
別の病院に連れて行き 『肥満細胞腫』と診断された時には
恐ろしいことに、発見から3ヶ月半経過していた事になります。


ほんとに、クゥにはかわいそうなこと。してしまいました。
キズ。1つで済んだかもしれなかった。。




20090418-1.jpg





私が、間違った病院の選択をしてしまったこと。
先生の言葉を、信じてしまい自分で調べもしなかった私の勉強不足です。




例え良性を疑ったとしても『悪性腫瘍ではない』と確定判断するために
バイオプシー(針生検)という検査が必要だったのです。
針を刺して、細胞をとり顕微鏡で確認する。
クゥは気づかないうちに終わったくらいの簡単な検査なんですよ。





20090418-3.jpg





誰1人として、こんな思いをしてほしくないです。涙

そして、万が一 病気になってしまっても、1匹でも多くのワンコが
早期発見・正しい判断・治療が受けられるように願うばかりです。☆




2009.04.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。