クゥとこてつとHAPPYパグ生活。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


毎日、ガハーガハーハヒーレベル5でこてつが散歩するほど、コチラは暑い日が続いてます。

夜の街に響きわたる、こてつのガハーガハーハヒー

20100701-5

レベル5くらいになると、なんか変質者っぽい息使いに聞こえなくもないんですよ。爆

ガハーガハーハヒーって後ろからどんどん来られたら、私でもちょっと怖いかも?と思って・・・

できるだけ、特に若い女子の後ろは歩かないようにしてます。







さて、こてつの目。

お陰さまで、現在のところも順調です。

ようやく、いつもの元気なこてつに戻ってくれて、ホッとしているとこデス。


20100701-1.jpg


・・とは言っても、眼科の先生だと、この時点でこの④の手術をして完治させるだろうとのこと。
(この手術は、眼科専門医にしかできません)


こてつは少し長くかかっても、まだまだ長い将来のことを考えて
このまま悪くならなければ、通院と点眼治療を続ける予定です。






めったにならない病気のため、参考にもなりませんが。。。

簡単なザックリとした説明を思いつきました。


角膜の新陳代謝の なんらかの異常が原因だそうです。
いろいろと異常の原因がささやかれていますが コレ!!という原因は不明なんだそうです。


20100701-4.jpg

角膜の一部がポロっと欠損。



さぞかし、痛かっただろうねー。。

20100701-3.jpg

あんなに元気がないこてつを、初めて見たもの。。






原因が不明と言われると、今後の予防法なんかもわからないわけで、もどかしいわけなのですが。

20100701-2.jpg


こてつは、両目ともに今後 同じような状態になることがあるだろうってことだったんで
万が一なった場合に、私の取るべき行動をいろんなパターンで確認しあってきました。


ちなみに、私の思いつきでやっていた、できるだけ目を閉じさせておく。。
コレ、いいそうです。よかったよかった。笑



スポンサーサイト
2010.07.02 / Top↑


今回の記事、とっても長文です。
お時間のない方は、どうぞスルーしちゃってくださいね。





先日、こてつの左目が『ちょっと充血しとるな~注意して見とこう』と思ってからたった半日で・・・・
※おもちゃ遊びやご飯やお散歩など、興奮した後はいつも充血するんです。


かなりのハイスピードで進行していったようで、またもや角膜潰瘍でした。
コレはヤヴァイ気配。。。

20100622-2.jpg



先生は、草や枝などに刺さったとか、ぶつけたとか、そういうんではないと思うと。

今までのこてつを診てきて、おそらく原因は。

書くと恐ろしいほど長くなりそうなのと、わかりやすく伝えるのが難しいので、省略しますが。。
(角膜の再生過程で結合がどうとかこうとか・・みたいな難しい説明だもんで。笑)




おさらいすると・・・

①去年春<重度の右目の角膜潰瘍>
約3ヶ月の治療、3回の手術を経てなんとか完治。

②去年冬<ごく軽度の左目の角膜潰瘍>
点眼のみで1週間ほどで完治。





20100621-1.jpg


今回は、たくさん出る目やにを取るのも、顔を拭くだけでも触られるだけでも痛がる。

普段は、1日4、5回の点眼と2回の軟膏をする際も
なぜか(笑)しっぽフリフリしちゃって嬉しそうだというのに~


食欲はあって、ガツガツしてるけど。
痛いのと、おそらく見にくいようで、私のそばにひっついて、こてつなのに(笑)元気がない。


こりゃーいかん。前代未聞だわ。どうしよう?と1人で あたふた してみる。笑

20100622-3.jpg



『痛いね。でもすぐよくなるよ。だいじょうぶだよ。』
珍しく不安そうにしているこてつをギュッとし。

たくさん出てくる目やにを、取らないと固まってしまうし
ベッドとかにこすりつけたりすると危険なので
『ごめんね。がんばろうね。痛いよね。』と声をかけながら拭き拭き。。

痛々しくて、かわいそうで、何度なっても慣れるってことはないものねっ。







20100622-1.jpg



初期治療(通常の角膜潰瘍の治療で始める点眼)は
こてつに有効でないという事が①の時にわかったため。

今回はいきなり、血清(こてつの血液から作る)の目薬での点眼治療から始めました。
コレは①の時に、とっても有効だったので。





手術はしないで済んでほしいっ

20100623-1.jpg


①の時の事を振り返りながら、当時のブログを見たり、細かく記したノートを見たりしていたところ。。



素人ならではの発想なんだけど。笑

できるだけ寝てる間に半開きなまぶたを、ずっと閉じておくだけでも違うんじゃ?と思って・・

手術は、結局ワンコの場合は眼帯ができないから
その代わりに瞬膜とまぶたを縫い合わせるわけなんですよ。



こてつの寝ている時は、眼帯代わりに精を出す毎日でした。








20100623-2.jpg


①の時は、なかなかよくならなくって、先生もこてつも私たちも大変だったし凹む毎日が続いてたんだけど。
そのことがあったからこそ、今回の順調な治療につながってるんだと思います。

あの時、頑張ったことの経験が少しは報われてるってことかしら~







今のところ、幸いなことに順調に回復の兆しが見えてきました。
充血と白濁は、ほとんどなくなりました。

痛みもないようで、元気になりました。

ただ血清の目薬が、こてつの血液から作るため、いつまでも作り続けるわけにはいかないんです。
(こてつの場合、1回につき4日分くらいしか作れない)

20100623-4.jpg


ペコンとへこんでいる潰瘍部分は、肉眼で私が見てもまだへこんでます。
何週間かまだかかりそうなんですけど・・・
コレが改善されない・また悪化するようであれば、手術ってことも言われてます。。


20100624-1.jpg

このまま、順調に完治への道を歩めますように。。








そして、去年もなった膿皮症。
梅雨にはいって早めの時期から、シャンプーの回数を増やし、湿度にも気をつけてたのになー

20100623-3.jpg


去年よりはひどくないけど、今年もなってしまった。。
ほほ下からあごのにかけて。(去年はおでこと、内股)

ただ、目の治療中でシャンプーや内服薬が使えないというやっかいなタイミングで。。。
でも、目がよっぽど痛いのか、カイカイはほとんどしないのが幸い。


もうひと踏ん張り、ふた踏ん張りっ




ハンパない長文をお読み頂き、ありがとうございました。
読んだだけでお疲れかと思いますので(笑)今回のコメ欄は閉じさせていただきます。


2010.06.24 / Top↑
数ヶ月前、名古屋インターから我が家へ帰る途中に。
『動物眼科』という工事中の建物をはっけーん!!!

014.jpg


ネットで検索しても出てこず、とある事情から
詳しいであろうとこてつのかかりつけの先生に聞こうとおもっていたトコロ。


016-2.jpg






先生から『ご存知かもしれませんが、こてつちゃんに朗報があります』と。

悲しいかな・・こてつは 『必ず今後、お世話になるかと思われ・・』 なんて言われちゃったけども。
朗報ってだけあって、朗報でした


最近、新たに眼軟膏もケアにプラスされたこてつの左目。

20100509-5-1


色素性角膜炎パグちゃんには多いです。広がってくるようなら早めに対策を)の
範囲がちょこっと広がってきているらしい。
こてつの場合は、角膜潰瘍と謎のXが治る過程でできた後遺症がきっかけです。

謎のXとは・・・角膜潰瘍の治療過程で、目の奥に謎のなにか(X)が発見された。
        腫瘍か?という疑惑もあったけど、なんだか謎のままなくなってしまった。






もう1つの後遺症である、白濁はキレイになくなったんですけど。
黒っぽいシミが、目を覆っています。

20100509-2.jpg

なかなかケアしても、目の環境が悪すぎて追いつかないわ~



それにしても・・・
アップでこてつの目だけを見てると、目玉のおやじ(鬼太郎)に見えてくるんです。
080622_2 (3) 私だけでしょうか?笑





これ以上広がり続けると、視界にかなり影響があるとのことで早めの対策です。

20100509-1.jpg

2週間経過してますが、薬が合わない反応も出ていないようなので、なんとかとどまってほしいっ!!





今まで眼科で行っていた病院までは片道1時間30分はかかるけど
この病院までは、15分ほどで到着できるんです~


しかも、その先生のご師匠であり、眼科で有名な先生が開院された病院なんですって。
全国からひっきりなしに訪れる患者さんが、通院しやすいように。
全国に講演などに行く際も便利だから・・と名古屋インターのそばに決めたらしいです。


20100509-3.jpg


ありがとう先生!! (会ったこともないし、どんな先生かも知らないケド。笑)

ただ、長年の実績があることは間違いないから、頼もしいわぁ。
行かないで済むのが、一番いいんだけど。


20100509-4.jpg



あとは、がんセンターができてくれたらいいな~(切望)
整形は、クゥの病院が得意分野だし・・・

私の動物病院の理想図は、かかりつけ+専門性のある病院の連携プレーです。





2010.05.10 / Top↑

今年もあと10日と残りわずかになりましたね~
今年は1年のうち5ヶ月間クゥの肥満細胞腫と
こてつの角膜潰瘍に費やされたわけなのですが。変な汗

クゥの病理検査の結果がでて、今後の方針を決め一段落と思ったらこてつの角膜潰瘍。
こんなことまで、仲良くしなくてもいいのに~と思ったんですけどね。


記録を兼ねているので、長文となりますがお付き合いください。ぺこり









先週、クゥの新たな肥満細胞腫が見つかったわけなのですが。
今度は、こてつの左目が、、またもや角膜潰瘍になってしまいました。目


クゥとこてつは、別の病院にかかっているため
クゥの健康診断の後、後日こてつも健康診断を受けたんです。

こてつは、年齢も若いので血液検査と欠かせない目の検査。(目の検査は月1で実施)

20091220-1.jpg

その時、両目ともなんともなかったんですよ。
春に角膜潰瘍で手術を3回。約3ヶ月かかって治った右目も問題ナシ。
角膜ジストロフィーも、おっきくもちっさくもなっておらず。









その3日後のこと。

左目が『いつもとは違う充血と、光の当たるとこで見ると少し白っぽい気がする』


特に、目が開かないとか目やにが多いとか
しょぼしょぼさせるっていうのはなかったのですが
こてつの場合、手遅れになっちゃマズイと。。

20091220-3.jpg

念のため、診てもらったところ、角膜潰瘍でした。
またもや、原因はわからず。。…
休診日も電話すれば診てくれるけど、年末年始じゃなくてよかったけどね。。







『はぁ。。。』と言葉がでない私。。。






先生の励まし?慰め?の気持ちを込めた説明によると。笑


前回よりも軽度の角膜潰瘍であること。

こてつは、どんなにケアしても気をつけていても目のトラブルは避けられず
先生としては、想定内であること。

日々のケアがあったからこそ、すぐに異変に気づきそして今回は軽度で済んでいる。
以前のこてつなら、前回のような重度の角膜潰瘍になっていたであろう。



とのことでした。


20091220-2.jpg



目の状態がいいコなら、クゥもそうなんですけど
検査すると『細かい傷はあるけどね』でなんともない感じなのが。


こてつの場合は、それで済まないわけなんです。
それで、できるだけいい状態を保つために
毎日、点眼やマイボーム腺のマッサージやまばたきを私がやるわけです。


それでも、やっぱり追いつかない・・・・
これは、しょうがないんですけどやるせないんですよね。アップロードファイル



20091220-5.jpg





2時間おきのいつもの目薬(涙液補充)と、抗炎症剤の目薬で3日様子を見て
血清の目薬に切り替えるかの判断。

おもわしくないようなら
以前もお世話になった犬山の病院(眼科の専門性のある病院)へとういう流れです。

目もぱっちり開いているし、手術まではいかないと思うんですけどね。
私の勝手な予想なので、アテにもなりませんけど。笑



20091220-6.jpg





それで、血液検査の結果なんですが、中性脂肪がちょっとだけ高かったんですよ。

先生とも相談しながら、アマニ油を少し減らしてみようという事になりました。

先生も、皮膚にいいんだけどねーとおっしゃってましたが
こてつは今、皮膚はいい状態だしね。


こてつは0、3キロ体重を落としたにもかかわらず、こういう結果なので
手作り食の場合は、指標になる血液検査はたまにした方がいいなーと思いました。献血



あとは健康体です!とお墨付きをいただいたので、ひと安心です。




さあ。クゥもこてつも私も頑張るぞ!!




2009.12.21 / Top↑

涼しくなってきたかと思ったら、また蒸し暑い日が続いています。
皆さまも体調を崩されないようにご自愛くださいねハート





さて、角膜潰瘍完治のその後も。
こてつの目のケアはかかせない毎日です。目



20090830-1.jpg



【毎日の習慣】~こてつ目編~
①涙の質をよくするためのマイボーム腺のマッサージ。(1日3回)

②こてつは、出目なうえにちゃんと まばたき ができないため
目を保護し、修復してくれる涙をいきわたらせるための まばたき。(1日数十回)

③目薬と目のチェック。(1日3回)



20090830-3.jpg





今週初めのとある日。






ポツっと白い点を発見。(角膜潰瘍になった方の右目)
でも、目ヤニや涙も多くなってないし
しょぼしょぼさせたりもしてなくって、他には異常がない。。






でも『あれまーっ!!またキズやっちゃったのかしら?うおぉぉおぅ』と
病院に行って検査をしてきました。



20080830-8.jpg



先生『角膜ジストロフィーですね』


おどろおどろしい病名に心臓ドキンちゃん失恋


20090830-6.jpg
ごめんなさい。光の加減がうまくいかなくてわかりやすい写真が撮れませんでした。。


角膜ジストロフィーの説明はコチラをクリックマウス(左クリック)






おどろおどろしい病名ですが、よくある病気みたいです。
幸いキズもなかったしこてつは痛くもないそうなのでよかったです。ハート
今後も様子見を続けるしかないみたいなんですよねぇ。




20090830-7.jpg










ただ、こてつの場合は要注意だそう。人差し指
また、この目に角膜潰瘍やキズを負った場合は
非常に治すのが困難になるであろうと。。。




先生ったら。
『こてつちゃんには、ずっとゴーグルやエリザベスカラー。
いや、宇宙服のような頭全体を覆うものをしててほしいくらいです。無理な話なんですが。。。。』

って言うんですよ。。



20090830-2.jpg




この白い点は、消えないらしいんですけど
視界が悪くなるほど進行しなきゃいいなーと願うばかりですクローバー




20090830-9.jpg








2009.08.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。