クゥとこてつとHAPPYパグ生活。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

クゥは、お陰様で日に日に元気になってまーす2toushin-fine

20090306-3.jpg


先生には、翌日から散歩OKと言われていたのですが
翌々日の昨日、午前中に少しだけ家の目の前の公園に行ってみました。
気分転換になったのか、とっても嬉しそうだったわっ音符


夕方にも、少し裏庭に連れていきましたが。
午前中の散歩がいい刺激になったようで・・・・






当時は、お不満だった様子の腹巻きも(記事はコチラから
20090306-1.jpg
首肉のとこのキズが、ちょうど服から出てしまう部分の保護と
カラーをつける際、首に肌あたりがよいので大活躍です♪105円なのに。笑
思わず、洗い替え用も購入してしまいました。。今度は298円。笑








さてさて、手術終了のご報告(記事はコチラから)で触れたこと。
クゥの生まれつきの珍しい個性についてお話したいと思います。クローバー



コレはさかのぼること、約6年前。
クゥを迎えて、初めて動物病院に行ったときのこと。


今かかってる病院ではありませんが
『男の子として購入したのであれば、診断書を書くので返されますか?』と
言われたことに始まります。
『お○んちんの位置と形が他のワンコとは違っている』とのことでした。


※わかりやすく言うと、女の子の性器の位置にお○ちんちんがついていて
  お○んちんの形も全く他の男の子とは異なる。ということです。





その先生も、お店に対する警告という意味で診断書を書いて返すという
責任感からの発言だったと思います。



『私たちは、そんな事は全く気にしないし責任をもって育てます』とお返事しました。

20090306-4.jpg


その後すぐ、引っ越しして現在のかかりつけの病院への初診の際。
もちろん、前の病院で言われたことにプラスして教えていただいたこと。

『もしかしたら、子宮もあってヒートがくるかもしれない』
『体内が未知数でありお腹を開けてみないと、どうなってるのかは何とも言えない』
『停留睾丸であること』


20090306-5.jpg



そしたら、開けてみたら子宮どころか卵巣まであったらしい。
しかも、他の女の子と同じ位置にあったわけではなく・・・・



見せてもらいましたが
停留していた2つの睾丸に付属する形で卵巣が2つくっついていて
その卵巣につながる形で子宮がありました。


『ただ、子宮と卵巣はあるだけで、機能はしていなかったということでしょう』とのこと。


とても、珍しい症例らしいですスマイル






骨おまけ骨

手術の日、何も手につかなかった私は。
帰ってきたクゥに食べさせようとジャーキーを作ってました。
カメラを用意している間に、ほとんど食べ終わってますがどうぞ。笑
※手術日の翌々日※








スポンサーサイト
2009.03.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。