クゥとこてつとHAPPYパグ生活。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ガハガハな季節がやってきましたね~
※手術前の写真です。
20090424.jpg
こてつは、クゥより暑がり。

20090424-5.jpg
でもパグだから、クゥもやっぱり暑いらしい。
どんな前置き?笑






昨日は、犬山の病院への診察日でした。
前日の夜から、充血と血腫が広がってきたかな?と思ったんですが
角膜潰瘍は、良くなってきているとのことで一安心。
たくさん痛い思いをした甲斐があったってもんですね。



ただ、それよりもやっかいな問題が発覚しました。



以前した瞬膜を閉じる手術をしたあとに、血腫ができていて
治っていく過程では見受けられることで、この先なくなっていくはずでした。



わかりますか?赤っぽくなっているところが血腫です。
※手術前の写真です。
20090424-4.jpg



・・・が犬山の病院で、詳しい検査をしたところ
表面に出来ている血腫なら問題ないけれど
こてつの場合、表面でなく内部にできているそうでコレは問題あり。
目薬では治療ができません。



どの角度から検査をしてみても、血腫が邪魔をして
原因は特定できないため
もう一度、瞬膜を閉じる手術を行って
消去法で原因を突き詰めていかないといけないそうで
そのまま預けて手術、本日お迎えに行ってきました。


20090424-1.jpg



キズがそこにもあって治そうとして血腫が広がっているなら問題なし。
異物などの場合は、手術が必要。


恐ろしいことに。
悪い腫瘍である可能性もあり、その場合は眼球を摘出するしか方法はありません。
それ以外にも体のどこかの異常によって、目に反応がある場合もあるとのこと。



ほんと、何度も痛い思いや寂しい思いをしながらこてつは頑張ってますからね~



でも私は、悲観しないようにしてますから大丈夫ですよ。

万が一、悪性の腫瘍で眼球を摘出したとしても
どこか、体に異常があるにしても、治療方法があり
元気なこてつに戻ってくれればそれでよし!なのです。


※手術前の写真です。20090424-7.jpg



それに、以前の瞬膜を閉じた手術をした時
片目でも普通に歩いてたし
散歩だって元気に行ってましたしね。



片方の目だけでも『ウレPー』とか感情も十分伝わってきますもん♪



そりゃあ、抜糸して血腫がひいていて検査したら、ちょっとキズがあった。
それが理想で、願うしかできない日々が続きそうです。



20090424-2.jpg





それに、角膜潰瘍の原因も不明なんですよ。
ちょっと、やっかい。
簡単に言うなら、そんな感じなんですね。
簡単な角膜潰瘍なら、目薬だけで治ってしまうわけですから。



キズやぶつけたとか以外にも
『免疫の問題じゃないか。とかワクチン後に発症するんではないか。』とか
何か体質的な原因があることも考えてます。と
最悪な事も考えるのが獣医師の性分とかで、以前から話を聞いていました。



一応、理想は2週間後の抜糸です。
抜糸をして、血腫の状態が良くなっていたら検査をします。
血腫が同じ状態ならまた閉じる手術をするので
念のため、朝ご飯は抜いてきてください。ですって。


※手術前の写真です。20090424-6.jpg




※前回いただいたコメントのお返事は明日までにさせていただきます。ごめんなさい。。


スポンサーサイト
2009.04.24 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。