クゥとこてつとHAPPYパグ生活。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

いつも、ご心配や応援どうもありがとうございます♪

病院に行くなんてもったいないわーというくらいの行楽日和桜 薄色だった8日の診察日。
相変わらず、まとめるのが苦手で長文デス顔文字1(背景黒用)





検査結果は

先生『良くなろうという兆候も出ていて
一番ヘコんでた部分少しもりあがってきてますね』


私の心の声   『やった!』 

先生『このまま瞬膜フラップの手術をしましょう』



やっぱり、手術ですか。汗一色

理由1・・・やはり、ぐーんと良くなっているわけじゃないこと。
血清の目薬は、こてつの血液から作る為長期にわたって血液を採取し続けることは無理。

理由2・・・初診の状態だと、どちらの手術も安全性や術後の視界や見た目に
影響があったが今の状態なら、簡単な方の手術での安全性が高まった。
手術した方が、治りも早く飼い主さん、こてつの為にも良いと思いますとのこと。



20090409-4.jpg




でもね、『瞬膜フラップ』(瞬膜被覆術)という10分くらいで終わる簡単な手術です。
全身麻酔ですが、日帰りでOK
しかも、近くの病院で手術可能です。



簡単に言うと、目を眼帯のように覆っておくことで
涙や目薬が角膜全体に長く潤いを与え、治りが早くなるという手術です。




初診の段階では、こてつの場合 穴が開いてしまって失明してしまう危険性があるのに
目を閉じてしまうこの手術は安全性に問題があったんですね。
そのかわり、表面もツルツルの目で視界も戻ります。
色素沈着や白濁は、少し残ってしまうかもしれませんが。




旦那とも『この手術が安全にできる程度によくなってたらいいね』と話してしたので
結果的には手術になったのですが、いい方向に行ってくれたと思っています。




20090409-5.jpg




もう1つの手術方法である
『結膜弁被覆術』(こてつの場合はですが、元のようには見た目も視界も戻らない)ではなく
今回の手術で済んだこと。それだけで、十分です。
角膜に穴があいてしまったり、良い兆候が見られなければ
この手術しか方法はなかったから。。。



20090409-3.jpg









翌日の9日、無事に手術を終えました。キラキラ
20090409-1.jpg




事前に、術後はこんな風ですと写真を見せてもらっていましたが・・・
20090409-2.jpg
かなり痛々しくってねーうおぉぉおぅ お見せするのも。とひとまず寝てる写真だけです・・・・




経過を見ながら、何度か確認のため通院し、何週間後に抜糸となる予定です。
目薬は、今まで1日14、5回くらいはいれていましたが1日4回に減ります。




目に違和感があるし、見えない為か起きてる時は
エリザベスカラーを取って目を触ろうとするのでヒヤヒヤもん。×アップロードファイル
先生に電話したりと、落ち着かない夜でした。
早くきっちり治るといいなぁ。四葉のクローバーまだまだ、角膜潰瘍とのお付き合いは続きます。。




本日、先生が電話で『犬山の先生とも相談したんですけど・・・』って。
あんまり、気にするようなら入院させたり
状況を見ながら、抜糸をして点眼もしくはもう1つの手術を。とのことでした。
点眼に切り替えるにも、最低1週間はこのままが理想だそうで。
なんとか、こてつに踏ん張ってもらわなくては!!




今は、落ち着いて寝てくれてます。zzzパグ
『ずっと寝ときゃーよ(名古屋弁)』と思いながら。笑
とりあえずのご報告でした。



長文お読みいただき、ありがとうございましたほっこり♪stereo

スポンサーサイト
2009.04.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://aozora35.blog50.fc2.com/tb.php/183-54f2ffc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。