クゥとこてつとHAPPYパグ生活。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんばんは月
本日3日分をまとめて書いてあるのでものすごく文章が長いです。
なら3つに分けろよって感じですね。スミマセン。。


前回の記事の翌日の29日。
残念ながら、1つ残っていたパイプが朝起きたらありませんでした。かお



すぐ電話ををして。
先生『垂れてる糸で目を傷つけるといけないので糸を切ってください。』

私『えっ!私がですか?』

先生『糸を切ればすーっと抜けますから電話このままで、今切ってください』



パチンパチンと切って、糸をすーっと抜きましたよ。。
いざとなれば、何だってできるもんですね。笑



確かに今回のパイプは、まぶたの上に乗ってるだけだったからね。
クゥのヒゲ切り用の、先の丸まった小さなハサミがこんな時にも役立ちました。笑


20090501-1.jpg



そして30日の診察日。

先生『すごく良くなってる。あと1週間もってたら治ってたかもしれない』って。
ほんと、残念です。。絵文字名を入力してください

同時に、瞬膜を閉じるのが有効であるのも実証され
先生『今から、閉じちゃいます。30分ほど待っててください』って
あれよあれよという間に、手術開始。




これはねー、私気を失いそうでしたよ~がっかり
チラッと手術してる様子が見えるんです。
こてつの聞いたことない『あぎゃうぅー』みたいな声(何したらあんな声がでるの?)とか
麻酔がかかって、当たり前だけどグッタリしてるのとか・・・・・




もう可哀想だし、不安だし見てられないんだけど気になるから見ちゃって。
半泣きなんだけどシズク/ミズイロ
こてつは頑張ってるのに・・と涙をこらえ顔面蒼白な私を見て
旦那に『俺が見てるからもう見るな』って。


20090501-7.jpg


今回も、抜糸は2週間後です。
どうか、どうか2週間持ってほしい。。。



目は良くなってきてるんですけど、気になる点が2つ。
体重が1週間で0、7キロ減ってました。(この日はご飯・お水抜き)


クゥは同じご飯を食べていて体重維持してますからねー


もう1つは、微熱あり。(38、9度)


ただ元気・食欲はあるし。
微熱は暑い日だったし、診察を待つ間ガハガハしてたのも多少あるかな?と・・・・
薬が影響して、血液検査をしてもちゃんとした結果がでないそうです。。


20090501-4.jpg



手術をするたび、長くその状態を維持できないけれど
目はこれでも、どんどん良くなってるんです。


なーんにも、問題ないといいんですけどね。
ご存じのように、パイプをとるくらい元気なので。笑


===================================


ここまでは、メモ書きがてら30日の夜に書きました。



31日、昼のこと。

お昼寝中のこてつが起きました。
さて、何が起こったでしょう?


のんきにクイズしている場合ではありません。がーん


閉じていた瞬膜が戻ってるの!!
もう、ガックリ。なんてもんじゃない。
しかも、こてつはずーっと見張ってたので何も悪くないし。。。





犬山の先生から、近くの病院へ。との指示があったので病院で抜糸。
1日しかもたなかったぁぁ。。。


相当、こてつの目は引っ張る力が強いので(目がデカくて出てるから)
かなり強めに閉じてると犬山の先生は言ってました。
じゃないと、また簡単に外れちゃいますからね~
でも、まぶたの上が裂傷になっちゃってました。(ひとまず軟膏をつけます)


20090501-3.jpg



犬山の先生は、違う手術をすぐ行うという考え方だそうです。


先生方もこてつも私たちも精一杯やってきた結果が
角膜潰瘍がよくなっていることにつながっていることは確かです。


悪化させてしまって、振り出しに戻るというのが
一番避けなくてはいけないこともわかっています。
でも、この一か月の間に3回も手術してすぐ抜糸しての繰り返し。アップロードファイル


20090501-2.jpg



処置も含めですが、1時間半いろいろと近くの先生と話をして
この1週間は、悪化しない限り手術をお休みして
点眼・服薬と近くの病院へまめに通院しようという事になりました。



体重に関しては、食事を1割増やしてみて様子を見ましょうと。
この日は、7、5キロ。(ご飯前)



目のデカさと出目、もともと結膜が炎症しやすい。
せっかく縫っても、引っ張る力も強すぎる。
他にも発覚してないだけで、トラブルを抱えてるかもしれない。
獣医泣かせ、飼い主泣かせなこてつ。。泣
これは、とっても異例なケースだそうです。



20090501-5.jpg



実際に、私がいろいろと調べても
こてつのように早い発見・治療、そして眼科の専門性のある病院で
詳しい検査、処置や手術ができているにも関わらず
こんな状況になっている例が見つからないのです。


20090501-6.jpg


この後のことは、少し気持ちを落ち着けてゆっくり考えます。
長文になってしまいましたがお読みいただいた皆さま。
ありがとうございましたはぁと3
そして、いつも温かい励ましや応援に感謝してますふるーつ☆Cultivation・キラキラ星


スポンサーサイト
2009.05.02 / Top↑
TrackBackURL
→http://aozora35.blog50.fc2.com/tb.php/198-5a3cab71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。