クゥとこてつとHAPPYパグ生活。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんばんは。
ちょっと久しぶりんこ?笑


こてつと犬山まで、日帰り旅行通院に行ってきました。



おさらい↓
20090508-7.jpg



診察結果は。

GOODGOOD→角膜潰瘍完治・謎のX消失


BADBAD→角膜潰瘍だった右目のマイボーム腺の機能に問題あり(涙の質が悪い)
       目頭の下まつげの接触があり刺激で色素沈着


※専門用語でなく、わかりやすい言葉で説明しています※



BADに関しては、今後も要経過観察が必要で
悪化が見られる場合や、違う病気が発症する可能性も大なので
原因から改善するために整形手術なども考慮にいれること。



同じような手術例があるんですけど(コチラの1番目と3番目です)
先生は顔を変えるという言い方をしてたので、こてつの場合は
この3番目の手術をするとおそらく顔が変わるんでしょうね。




20090621-6 (2)





人間だと美男・美女になれる整形手術。
私も、お金がいくらでもあればやりたい場所だらけですが。。

こてつはイケメンパグになれるのか?笑
ここの先生が怖い私は、そんな冗談言えませんでしたけどね。






相変わらず。
20090621-7.jpg







まばたきどころか。。
20090621-2.jpg





いっつも。。。
20090621-5.jpg





まばたきとマイボーム腺(上まぶたのアイラインのあたり)のマッサージと目薬を
せっせと続けながら経過観察を続けますよ~





20090621-3.jpg




でも、角膜潰瘍・謎のXに関しては完治です。
道のりは長かったけど、こてつはよく頑張った!!


途中、なかなか治療や手術が上手くいかなかったとき。。


視界を確保して、キレイに治してあげたい。
それは、私のエゴじゃないのか?と
悩んだこともありました。



でも、私を見上げるこてつの目をみるたび。
結果論なのでしょうが
やっぱり、キレイに治ってくれてよかったぁぁ。と心から思います。キラキラ



応援や励ましをたくさんいただき、皆さまには本当に感謝してます。
ありがとうございましたっハート音符




20090621-4.jpg





メモ記録メモ



・期間・・・・・3/27~6/18

・通院・・・・・犬山(眼科の専門性のある病院)→10回
        近くのかかりつけ病院→15回

・手術・・・・・3回(瞬膜フラップ、日帰り)

・入院・・・・・3日間

・費用・・・・・レンズつきデジタル一眼レフカメラを2台購入できるくらい





眼科疾患については、一般病院では検査や知識や技術にも限界があるそうです。
手遅れになってしまい失明してしまったり
手術方法や治療の選択ができなかったりするのです。



目の疾患は驚くほど進行が早いそうです。
素人である飼い主がどのタイミングで判断するかは、私も難しいと思いますが。



あまりにも目のトラブルが多い場合や、重い病状の場合は
眼科専門や専門性のある病院に掛られれた方がよいのかもしれません。。



2009.06.21 / Top↑
こてつの経過のご報告です。
またまた、2日分まとめて書いちゃいます。


自分の記録として。
そして、クゥの肥満細胞腫、こてつの角膜潰瘍。
実際に病気になってしまったコのHPやブログがとても参考になりました。
いつか同じ病気と闘う誰かの参考になれば。という思いがあり
長い文章となっていますがお付き合いいただければ嬉しいです。。



20090508-1.jpg




まずは、近くの病院での診察日。

目はね、順調に良い過程を辿っているとのこと。
一応、詳しい検査で確認するために犬山の病院にも行ってきます。


でも、体重が・・・・
前回(5月2日)→7、8キロ。
今回(5月7日)→7、75キロ。
ちなみに、4月に計った記録では8、2キロ。


ご飯を1割増しにしているので、計算上では8キロ超えてなくちゃいけないのです。



手作り食が原因かもと思い、ドッグフードのみ1割増しで5日間過ごしてみたんだけど。
順調に戻っていた体重が反対に減ってしまいました。。



20090508-5.jpg


簡易血液検査をしましたが
薬の影響が予測される数値以外は異常なしなんですよ。


なんで?なんで?なんでーーーー?





目の治療との兼ね合いもあって、なかなか複雑なので
高栄養、消化の良い療法食を1週間続けて
原因追究と、精密検査を考えます。


20090508-2.jpg



血液検査にも異常が見られなく、他に変わった症状もないので
緊急に命にかかわる事でもないそうだけど。。

でも、幸いなことに元気ハツラツなんですよねぇ。。
嘔吐や下痢にもなってません。




===================================




そして、犬山の病院への診察日。
検査の結果『すっごい角膜潰瘍はよくなってます』

わーいピース

目薬を続けるだけで治っていくでしょう!待ちに待ったこのお言葉。。
今までの検査写真のデータがコンピューターに連動され保存されているのですが
初めての検査時の写真から、説明とともに見せてもらいましたが
ベコッと凹んでいた目の中央が、ぷっくり球面に近い形になってきているのが
ものすごくわかりました。


角膜の表面に、肉眼では見えませんが細かい血管がはいってきていて
治そうとしている動きもしっかり確認できました。

20090508-4.jpg


ただねー、血腫(こちらの先生は 何か不明なのでにくみたいなもの と例えます)
こちらは、依然としてまだまだ何者だ?って感じなようです。涙
腫瘍である可能性もゼロじゃないけど、若いからなぁ・・・みたいに言ってましたけどねー



※先生の書いてくれた図をもとに、説明しています
20090508-7.jpg




薬も引き続き、服用するのですがよくなれば
謎のXがなんだったのか不明だけれど、目に関してはとりあえずヨシ!とする。
時に変わった治り方や、反応があることも非常に珍しい症例だそうですが
ありうるのかもしれない。
先生は経験がないとおっしゃっていましたけど。。。。!


だいたいからして、治っていく過程もあまりにも遅かったし
瞬膜フラップが3回も途中で抜糸すること自体が珍しいんですから。笑



20090508-8.jpg




角膜は0、8ミリくらいの厚さだそうですが0、4ミリを削って
病理検査に出し、削った部分を結膜で覆う高度な方法もありますが
もちろん視界や見た目に障害がでるため
今の段階でなく、万が一また繰り返すようなら考えればいいと思います。だそう。
大学病院では、わりとやっている原因究明の方法だそうです。


何か関係があるかもしれない体重減少の方も、気になる点であると
先生はおっしゃっていましたが、それは近くの病院で経過を見ながら。
目に関しても、目薬・薬を服用して経過を確認しながらでOK とのこと。



20090508-6.jpg




そして、初めに犬山の病院に診せた際にも言われてたこと。
まばたきが浅いので、角膜の修復・保護をしてくれるはずの涙が行き渡らない。
一番傷つきやすい目の中央(こてつの角膜潰瘍も中央です)に
涙を行き渡らせることがとっても大切なことなのです。


先生いわく『こてつは、10回まばたきした内の1回しかきちんと閉じれてない』らしい。。





しっかりとまばたきを、飼い主がさせること。(今もせっせと続けてます)
コレは、こてつには一生続けてくださいと。回転


20090508-9.jpg


ただし、ドライアイのコや異物が入っている場合は
よけい目を傷つけますのでご注意くださいね~風
こてつのように、涙量がしっかりあって出目でまばたきが浅いコには
心がけてやっているだけで、全然違うそうですヨ。アップロードファイル
(ちなみに涙量の検査は、どこの病院でも安価ですぐできます)





角膜潰瘍も、完治してわけではないし
気になるXも。
体重のことも。
気になる事は、まだまだあるけれどっ汗とか
1ヶ月半かかって、角膜潰瘍については
ようやく目薬だけでOKってとこまで辿り着けてよかったよかった♪




ご心配いただいている皆さまに、1つ良い報告ができました~
いつも温かい応援のお言葉ありがとうございますえへ5



2009.05.09 / Top↑
こんばんは月
本日3日分をまとめて書いてあるのでものすごく文章が長いです。
なら3つに分けろよって感じですね。スミマセン。。


前回の記事の翌日の29日。
残念ながら、1つ残っていたパイプが朝起きたらありませんでした。かお



すぐ電話ををして。
先生『垂れてる糸で目を傷つけるといけないので糸を切ってください。』

私『えっ!私がですか?』

先生『糸を切ればすーっと抜けますから電話このままで、今切ってください』



パチンパチンと切って、糸をすーっと抜きましたよ。。
いざとなれば、何だってできるもんですね。笑



確かに今回のパイプは、まぶたの上に乗ってるだけだったからね。
クゥのヒゲ切り用の、先の丸まった小さなハサミがこんな時にも役立ちました。笑


20090501-1.jpg



そして30日の診察日。

先生『すごく良くなってる。あと1週間もってたら治ってたかもしれない』って。
ほんと、残念です。。絵文字名を入力してください

同時に、瞬膜を閉じるのが有効であるのも実証され
先生『今から、閉じちゃいます。30分ほど待っててください』って
あれよあれよという間に、手術開始。




これはねー、私気を失いそうでしたよ~がっかり
チラッと手術してる様子が見えるんです。
こてつの聞いたことない『あぎゃうぅー』みたいな声(何したらあんな声がでるの?)とか
麻酔がかかって、当たり前だけどグッタリしてるのとか・・・・・




もう可哀想だし、不安だし見てられないんだけど気になるから見ちゃって。
半泣きなんだけどシズク/ミズイロ
こてつは頑張ってるのに・・と涙をこらえ顔面蒼白な私を見て
旦那に『俺が見てるからもう見るな』って。


20090501-7.jpg


今回も、抜糸は2週間後です。
どうか、どうか2週間持ってほしい。。。



目は良くなってきてるんですけど、気になる点が2つ。
体重が1週間で0、7キロ減ってました。(この日はご飯・お水抜き)


クゥは同じご飯を食べていて体重維持してますからねー


もう1つは、微熱あり。(38、9度)


ただ元気・食欲はあるし。
微熱は暑い日だったし、診察を待つ間ガハガハしてたのも多少あるかな?と・・・・
薬が影響して、血液検査をしてもちゃんとした結果がでないそうです。。


20090501-4.jpg



手術をするたび、長くその状態を維持できないけれど
目はこれでも、どんどん良くなってるんです。


なーんにも、問題ないといいんですけどね。
ご存じのように、パイプをとるくらい元気なので。笑


===================================


ここまでは、メモ書きがてら30日の夜に書きました。



31日、昼のこと。

お昼寝中のこてつが起きました。
さて、何が起こったでしょう?


のんきにクイズしている場合ではありません。がーん


閉じていた瞬膜が戻ってるの!!
もう、ガックリ。なんてもんじゃない。
しかも、こてつはずーっと見張ってたので何も悪くないし。。。





犬山の先生から、近くの病院へ。との指示があったので病院で抜糸。
1日しかもたなかったぁぁ。。。


相当、こてつの目は引っ張る力が強いので(目がデカくて出てるから)
かなり強めに閉じてると犬山の先生は言ってました。
じゃないと、また簡単に外れちゃいますからね~
でも、まぶたの上が裂傷になっちゃってました。(ひとまず軟膏をつけます)


20090501-3.jpg



犬山の先生は、違う手術をすぐ行うという考え方だそうです。


先生方もこてつも私たちも精一杯やってきた結果が
角膜潰瘍がよくなっていることにつながっていることは確かです。


悪化させてしまって、振り出しに戻るというのが
一番避けなくてはいけないこともわかっています。
でも、この一か月の間に3回も手術してすぐ抜糸しての繰り返し。アップロードファイル


20090501-2.jpg



処置も含めですが、1時間半いろいろと近くの先生と話をして
この1週間は、悪化しない限り手術をお休みして
点眼・服薬と近くの病院へまめに通院しようという事になりました。



体重に関しては、食事を1割増やしてみて様子を見ましょうと。
この日は、7、5キロ。(ご飯前)



目のデカさと出目、もともと結膜が炎症しやすい。
せっかく縫っても、引っ張る力も強すぎる。
他にも発覚してないだけで、トラブルを抱えてるかもしれない。
獣医泣かせ、飼い主泣かせなこてつ。。泣
これは、とっても異例なケースだそうです。



20090501-5.jpg



実際に、私がいろいろと調べても
こてつのように早い発見・治療、そして眼科の専門性のある病院で
詳しい検査、処置や手術ができているにも関わらず
こんな状況になっている例が見つからないのです。


20090501-6.jpg


この後のことは、少し気持ちを落ち着けてゆっくり考えます。
長文になってしまいましたがお読みいただいた皆さま。
ありがとうございましたはぁと3
そして、いつも温かい励ましや応援に感謝してますふるーつ☆Cultivation・キラキラ星


2009.05.02 / Top↑

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?



我が家の昨日は、クゥの通院日でした。
-420090428.jpg



前回は、手術を担当してくださった副院長先生が緊急オペ中で
仕方なく違う先生に診ていただいたのですが(この病院は、獣医師が8名います)
今回は、薬の事もしっかり話したかったし、確認してから病院へ。


20090428-3.jpg



薬は、パタッと全てを止めるのはもう少し後の方がいいだろうという考えであり。
ただ、現在手術から1ヶ月半 再発がないので薬を減らしてみようという事になりました。


コレは獣医さんによっても、飼い主さんによっても考え方は様々でしょうが
やはり、半年ないし、1年以内の再発が多い多発性の肥満細胞腫。
いつかは、思いきって止めなければいけませんが
私も、薬は上手く使ってなんとか、再発させたくない。
一生続けるとか、なんでも薬に頼るのは別ですけどネ。。


そして、通常は何でもかんでもとりあえず薬を出す。という感じな病院ではないのも
6年間のお付き合いで見てきて、そういう信頼も少しはあります。


20090428-2.jpg


体のチェックをするたびに緊張する毎日ですが。
きっとクゥは大丈夫!!と信じてますヨ。キラキラ


20090428-1.jpg









家を出て、3時間後。
帰ってきて、クゥとこてつのご飯をせっせと作っていたところ。


旦那が『こてつのパイプが1つ取れてるかお!!』


この目の手術は、圧迫しすぎないようにパイプを挟んで留めるのですが
2つあったはずのパイプがない!
やらかしたなームカッこてつ!!怒

20090428-4.jpg

20090428-5.jpg


探したらパイプが落ちてましたよー
エリザベスカラーもしているというのに、どうやって取ったんでしょうか?がーん
もちろんサークルの中でお留守番させてたんですよ。


すでに、診察時間はすいぶん過ぎていましたが
犬山の病院に電話。


もぉぉぉー!!!今回は、順調にだったのに。。><


20090428-7.jpg


とりあえず、痛がったりするようなら近くの病院で抜糸してもらうこと。
近いうちに、病院へ。と緊急性はなかったんですけどね~


先生は『本来は1つでいいかな?と思ったけど、出目でしっかり閉じなかったので
後から2つめのパイプを留めたんですよ~』って。
なので、初めに留めたパイプは取れずにキープされてたってわけ。







大騒動しているのに、ヘソ天で爆睡だし。
イイ性格してるわ。。
20090428-6.jpg





久しぶりに1週間の間、病院行かなくて済むね。と言っていた矢先。。
さすがにクゥの肥満細胞腫発覚から2ヶ月半の間。。
どちらも、決して近くない病院に通い詰めは正直疲れが出てきてしまってて。・・・・・・
夫婦共に風邪ひいてて、気力と薬でなんとか。って感じなのです。

【愚痴】ほんと、ウチの周りってやたら動物病院があるくせに
私の採点80点以上の病院がないので、しょうがないですが。。





また、今週も往復4時間をかけて※日帰り旅行通院に行くはめだわ。。
※近くの病院の先生が名づけたの。笑 
先週も2回も行ったばかりなのにー
しかも、渋滞すごそうだし。×汗一色


たくさんお肉食べてビール飲んで、スタミナつけなくっちゃービール
お肉は、私の活力源♪ビールは私の栄養ドリンク♪


今のところ、こてつは変わった様子もないのでご安心くださいね~


2009.04.28 / Top↑
ガハガハな季節がやってきましたね~
※手術前の写真です。
20090424.jpg
こてつは、クゥより暑がり。

20090424-5.jpg
でもパグだから、クゥもやっぱり暑いらしい。
どんな前置き?笑






昨日は、犬山の病院への診察日でした。
前日の夜から、充血と血腫が広がってきたかな?と思ったんですが
角膜潰瘍は、良くなってきているとのことで一安心。
たくさん痛い思いをした甲斐があったってもんですね。



ただ、それよりもやっかいな問題が発覚しました。



以前した瞬膜を閉じる手術をしたあとに、血腫ができていて
治っていく過程では見受けられることで、この先なくなっていくはずでした。



わかりますか?赤っぽくなっているところが血腫です。
※手術前の写真です。
20090424-4.jpg



・・・が犬山の病院で、詳しい検査をしたところ
表面に出来ている血腫なら問題ないけれど
こてつの場合、表面でなく内部にできているそうでコレは問題あり。
目薬では治療ができません。



どの角度から検査をしてみても、血腫が邪魔をして
原因は特定できないため
もう一度、瞬膜を閉じる手術を行って
消去法で原因を突き詰めていかないといけないそうで
そのまま預けて手術、本日お迎えに行ってきました。


20090424-1.jpg



キズがそこにもあって治そうとして血腫が広がっているなら問題なし。
異物などの場合は、手術が必要。


恐ろしいことに。
悪い腫瘍である可能性もあり、その場合は眼球を摘出するしか方法はありません。
それ以外にも体のどこかの異常によって、目に反応がある場合もあるとのこと。



ほんと、何度も痛い思いや寂しい思いをしながらこてつは頑張ってますからね~



でも私は、悲観しないようにしてますから大丈夫ですよ。

万が一、悪性の腫瘍で眼球を摘出したとしても
どこか、体に異常があるにしても、治療方法があり
元気なこてつに戻ってくれればそれでよし!なのです。


※手術前の写真です。20090424-7.jpg



それに、以前の瞬膜を閉じた手術をした時
片目でも普通に歩いてたし
散歩だって元気に行ってましたしね。



片方の目だけでも『ウレPー』とか感情も十分伝わってきますもん♪



そりゃあ、抜糸して血腫がひいていて検査したら、ちょっとキズがあった。
それが理想で、願うしかできない日々が続きそうです。



20090424-2.jpg





それに、角膜潰瘍の原因も不明なんですよ。
ちょっと、やっかい。
簡単に言うなら、そんな感じなんですね。
簡単な角膜潰瘍なら、目薬だけで治ってしまうわけですから。



キズやぶつけたとか以外にも
『免疫の問題じゃないか。とかワクチン後に発症するんではないか。』とか
何か体質的な原因があることも考えてます。と
最悪な事も考えるのが獣医師の性分とかで、以前から話を聞いていました。



一応、理想は2週間後の抜糸です。
抜糸をして、血腫の状態が良くなっていたら検査をします。
血腫が同じ状態ならまた閉じる手術をするので
念のため、朝ご飯は抜いてきてください。ですって。


※手術前の写真です。20090424-6.jpg




※前回いただいたコメントのお返事は明日までにさせていただきます。ごめんなさい。。


2009.04.24 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。